高齢でも精力を維持する方法|食べ物、胃腸、運動がポイント

  スポンサーリンク

gennki

70歳を超えても精力を維持する事例を紹介します。

どれくらいの現役実力かというと、月3回は充分愛の交換が出来る、
これが70歳を超えた私の実力です。

では日頃から取り組んでいる主な内容を紹介します。

ポイントは3つで、食べ物、胃腸を丈夫に、新陳代謝を良くすること。

では、一つづつ紹介しますね。

■食べ物はバランス良く、蜂蜜・ニンニクを食べる

1)偏った食事はダメで、野菜・果物などバランス良いものを食べる
2)毎日3食のうち一食はパンにして蜂蜜を塗ります。
蜂蜜は国内産かカナダ産を使い中国のものは使いません。

次にニンニクを週に2回程度電子レンジで温め食べます。
私はパンを食べる時に2片ほど食べます。

蜂蜜、ニンニクとも免疫力があり精力面でもとても良い食べ物です。
ニンニクも国内産しか使いません。

■胃腸を丈夫にする
胃腸が丈夫でなければ食べ物の栄養分を充分吸収ができません。

そのためには腹筋運動で胃腸を鍛えるのがてっとい早いです。

毎日、朝起きるときベッドで膝を曲げて軽い腹筋運動をします。

■新陳代謝を促進するため運動で汗をかく
中高年になればなるほど運動量が少なくなり新陳代謝不足になります。

これが精力の衰えに拍車をかけるので、少なくとも週に1~2回は、
軽い運動で良い汗をかくと新陳代謝が促進されます。

散歩、ストレッチ、ジョッキングなど何でも良いので、
運動で良い汗をかきましょう。

夏場に出る自然汗ではダメで、あくまでも運動で汗をかくことが、
体の代謝をすすめ若返りに繋がります。

これらは、歳をとって始めるのではなく、年齢を感じる40歳頃から
始めると70歳になっても精力を維持できる確率が高くなります♪

  スポンサーリンク
ピックアップ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)