手の湿疹をスキンケアで治す|偶然発見した薬を使わない方法

  スポンサーリンク

tesissin

手の湿疹でお悩みの方も多いと思いますが、
ブログの管理者も何度も治っては再発を繰り返していました。

通常、この症状は皮膚科で診察を受けますが、
薬はステロイド入りを処方されることが多いです。

ステロイド入りの塗り薬は、すごく効き目が良くて、
赤みの湿疹も3~5日もすれば消えてしまいます。

ああ、治ったと喜んでいると数日で再発、
ステロイド薬はこの繰り返しになることが多い。

ステロイドは根本的に治す薬ではありません。

そこで、別の薬を探すのですが良いものが見つからず、
湿疹を消すのが優先し、ステロイド薬を使い続けることに。

そんな管理人が、10年以上前の偶然に起きたことを思い出しました。

■手のひらの皮剥けがスキンケアで治った
管理人は成人になった頃から手の平(全体)の皮が剥け、
夏と冬ごろ年2回ほど剥けていました。

当時、管理人は野球をやっていたので、手の皮が薄くなり困りましたが、
投手であったため薬は使わずそのままにしていました。

中年になり野球も出来なくなったころの冬に、
手がガサガサするのでスキンケアクリームで保湿してみました。

スキンケアクリームは、手がベトベトしないので、
手の保湿にもとてもいい感じです。

そしたら、いつの間にか手の平の皮が剥けなくなっていました。

スキンケアクリームを使用した目的は、手の保湿だったのですが、
長年困っていた手の平の皮の剥けにも効果があったのです。

■手の湿疹にもスキンケアクリームが効果あり
管理人は65歳を過ぎたころから手の指の間に湿疹が出来るようになり、
皮膚科医の処方するステロイド入り塗り薬を使っていました。

この方法も治っては再発の繰り返しで困っていましたが、
上記の「手の平の皮剥けが治った」ことを思い出し、
スキンケアクリームを試してみました。

そしたら驚くなかれ、これも治ってしまいました!

治った後、しばらくしてからクリームは使用していませんが、
再発はしていません。

管理人は「ニベアソフトスキンケアクリーム」の効果に、
たいへん感謝しているところです。

今、ステロイド薬は一時的な効果が良いために、
医者も安易といわれるほど処方しますが、
副作用の大きい薬でもあるのです。

自分の体は自分で守るしかなく、ステロイドの使用を
できる限り少なくするのも自分です。

これで私はステロイドの使用量を減らしました。

この方法が、全ての方に応用できる保証はできませんが、
試してみる価値はあると思っています。

参考になれば幸いです!

  スポンサーリンク
ピックアップ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)