【自民党】子多いほど税軽減=事実上の子ナシ・独身増税検討へ

  スポンサーリンク

5nin

1: 名無しさん@お腹いっぱい。
2人の4人世帯の場合、同じ所得の単身世帯に税率33%が適用されるのと比べ、所得税額は3分の1以下になる。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170219-00000014-mai-pol

2: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/02/19(日) 14:55:05.90

 自民党の有志議員が近く、子どもの多い世帯ほど所得税が軽減される「N分N乗(世帯課税)方式」の
導入に向けた勉強会をスタートさせることが分かった。少子化に歯止めをかける所得税改革と位置付け、
党税制調査会での本格的な議論につなげる考えだ。

所得税は所得が大きいほど税率が高くなる累進課税で、現在は5%から45%までの7段階。
現行制度は個人に課税するため、共働きの場合は夫と妻にそれぞれ課税される。これに対し、
N分N乗方式は課税所得を世帯で合計して家族の人数で割り、税率を掛け合わせて1人当たりの税額を算出。
さらにこの額に家族の人数を掛け合わせ、世帯が払う税額を決める。

4: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/02/19(日) 15:01:43.77

男は数が多いわけで必ず余る人が出る

だから男のほうが生涯独身が高くなるわけ
移民をすればさらに男が余る

自民党は、男を切り捨てる政策に舵を切ったという事だね

5: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/02/19(日) 16:02:38.12

良い提案だが馬鹿の一つ覚えのように、代償を求めるのは具の骨頂

税金の無駄遣いや外国にバラまく金を減らせば金は捻出できる

引用元: http://hanabi.2ch.net/test/read.cgi/single/1487483492/

  スポンサーリンク
ピックアップ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)