若山富三郎主演の映画「子連れ狼シリーズ」これは面白い!

  スポンサーリンク

kozure

 
主演は故・若山富三郎、当時の時代劇では珍しい手首や血が飛ぶ描写や、乳母車がマシンガン装備など見所満載の映画版「子連れ狼」シリーズを語って下さい。全6作品のうち「三途の川の乳母車」「死に風に向かう乳母車」「地獄へ行くぞ!大五郎」は観る価値あります

2: この子の名無しのお祝いに 2007/06/08(金) 21:57:51
「親の心子の心」のラストの大殺陣も凄かった。
若山をかっこいいと思ったのはこのシリーズだけ。
衝撃度ではやはり「死に風に向かう乳母車」かな?

4: この子の名無しのお祝いに 2007/06/09(土) 00:23:23
「座頭市vs子連れ狼」なんてのがあったらきっと
史上最高のスプラッター時代劇になったに違いない。
というか、あの兄弟もやろうと考えていたのではないだろうか、
と、勝手に想像している。

5: この子の名無しのお祝いに 2007/06/09(土) 02:13:45
柳生スキー軍団。
予告編だけで爆笑しました。

6: この子の名無しのお祝いに 2007/06/09(土) 14:06:29

3作目「死に風にむかう乳母車」の物語で

「板倉内膳正が、刺客・子連れ狼を雇って私を殺しにきている!」と、
ラスボスの猿渡はと考えていたけれど、
実際は、猿渡の過去の行いに恨みをもつ三浦帯刀一家が雇った刺客・子連れ狼だった。

ってことでオーケーですか?

自分より下の人間など全く眼中に入らない
傲慢な悪代官って人物設定と解釈しているんだけど。
そして自分の行為を、相手もあてはめて考える根がヒネクレちゃったキャラ。
ただのステレオタイプな悪代官なだけかもしれんがw

なんか専門用語が多すぎて会話ががつかめない。名前とかも長すぎて覚えにくいしw
それに説明的なセリフも最小限なのかもしれません。
時代劇に慣れていないのもあると思いますが、雰囲気に飲まれてしまいました。

7: この子の名無しのお祝いに 2007/06/09(土) 17:29:58
3作目は見所満載だね。恐怖の拷問“ぶりぶり”、拝一刀VS柳生の軍団(100人以上)、拝一刀VS加藤剛、そして加藤剛の首から視点…

8: この子の名無しのお祝いに 2007/06/09(土) 17:56:45
ギャグ満載の「地獄へ行くぞ!大五郎」

9: この子の名無しのお祝いに 2007/06/09(土) 22:50:23
>>4
座頭市~時代背景は江戸末期ほとんど幕末。
子連れ狼~四代将軍家綱の時代。烈堂は柳生但馬守宗矩の息子の設定。
つーことでほぼ200年の時間差があるので無理w

11: この子の名無しのお祝いに 2007/06/10(日) 10:47:47
アメリカだとBOXセットでてるけど、リージョン違うから
頭が痛いな。

13: この子の名無しのお祝いに 2007/06/11(月) 15:46:37
>>8
「地獄へ行くぞ!大五郎」はモグラ人間とか出てきて特撮っぽかったね。

14: この子の名無しのお祝いに 2007/06/11(月) 20:57:07
>>13
監督が大魔神の特撮監督ですから

15: この子の名無しのお祝いに 2007/06/12(火) 00:58:23
凄いよな、改造乳母車。
まるで子供に爆弾くくりつけるような所業。

16: この子の名無しのお祝いに 2007/06/12(火) 10:09:34
知識のない状態で、初見でマシンガンとか絶対笑うだろw
曲がりなりにも時代劇だし。

17: この子の名無しのお祝いに 2007/06/12(火) 11:21:04
3作目の若山の歌の作曲家はかまやつひろし

18: この子の名無しのお祝いに 2007/06/12(火) 13:29:52
この映画もだけど昔の時代劇は良かったね、迫力もあって!

19: この子の名無しのお祝いに 2007/06/13(水) 00:10:00
YOUTUBEみると、世界各国の人が予告編アップしてるね。
愛されてるなあ。

20: この子の名無しのお祝いに 2007/06/13(水) 08:39:24
地上波放送が無理そうな時代劇だね…。勝新の「座頭市」並に

引用元: http://rio2016.2ch.net/test/read.cgi/rmovie/1181302849/

  スポンサーリンク
ピックアップ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)