緑内障の進行を防止

緑内障の進行防止は点眼液治療のみでは出来ないことが多い!

緑内障の進行は眼科での点眼液治療だけでは防止出来ないのが一般的で、この治療法だけでは視野が悪くなることが多いです。

 

 

これは5年前に緑内障を発症した筆者の体験と、インターネットなどの投稿でも解りますが、多くの方が悩んでいる事実です。

 

緑内障が判明し当初から行われる「眼圧を下げる」ための点眼液治療は進行を防止する決定打ではなく「点眼液治療→緑内障が進行すれば手術」という経緯をたどるの残念ながら多いのです。

 

つまり、緑内障の手術はある程度の進行(視野狭窄の中期当たり)を確認した後に行われるので、医者任せにしていると、初期から中期までの悪化期間を何もせずに過ごすことになります。

 

ここで問われるのは、医者任せにして手術を容認するか? それとも自分で進行を防止する方法を探し、試しに挑戦してみるか?の判断です。

 

果たして、あなたはどちらを選びますか?

 

緑内障の進行防止は正常な眼を守り、緑内障の眼を進行させないことです!

緑内障は片眼だけの場合と両眼の場合があります!

 

緑内障が片眼だけで、もう一方の眼は正常であったなら予防のチャンスがあり、それはラッキーと思うべきで、筆者もラッキーな片眼だけでした。

 

この場合、正常な眼が欠けた部分の視野をカバーしてれるので、日常生活や車の運転などで、支障をきたすことはまずありません。

 

従って、この状態を維持することが、今後の人生のため重要であることは、お解りいただけるものと思います。

 

ですが、現在の眼科治療(目薬)では、正常な眼の予防や緑内障の進行を止める保証はありません。

 

治療開始して1年間、片眼の緑内障が進行した筆者は、医者任せにせず次の行動を取りました。

 

緑内障の進行を防止するエクササイズ(点眼液治療の1年後に開始) ←方法1

緑内障の進行を防止する方法は「眼圧を正常値(10〜20)まで下げる」ことです。

 

それは眼圧が高いと眼の神経を圧迫して視野欠損を起こすからで、点眼液治療も「眼圧を下げる」のが目的です。

 

ですが、点眼薬は進行を遅らす効果はあっても、進行を止めたり正常な眼の予防にはなりません。

 

筆者は目薬の治療を1年受けましたが、眼圧を正常値まで下げられず視野が悪化したので、眼圧を下げる新たな方法を探し、実績のある「今野式緑内障改善エクササイズ」を購入し実践しました。

 

全額返金保証付き「緑内障改善エクササイズ」

 

このエクササイズを選んだ理由は、30,000万人の実績と返金保証付きなのでリスクは少ないと思ったからです。

 

実際に購入して納入されたDVDはこれです!、

 

エクササイズは眼の周辺のタッピング、マッサージや体全体の血流促進で構成され、慣れれば15〜20分ぐらいで出来ます

 

仕事の合間やテレビを見ながらでも、どこでも簡単に出来るエクササイズです。

 

約1ヶ月ほど実践した頃、眼科で診察がありましたが、目薬で下がらなかった眼圧「24〜25」が、正常値の「19」まで下がり、その効果にびっくりしました。

 

わずか1ヶ月で「今野式緑内障改善エクササイズ」は効果があることが分かったので、毎日続けもう4年が経過しました。

 

おかげで緑内障の進行が止まり、正常な眼は緑内障にはならず、日常生活も問題ありません。

 

もし、あなたが以前の筆者と同じような状況でお困りでしたら、返金保証も付いてリスクもないので、試してみてはいかがですか?

 

  ご参考⇒公式サイトはこちら

 

緑内障の進行防止は血流改善サプリでも可能←方法2

血流を改善するサプリメントで「眼圧を下げる」ことは出来るのか?

 

  

 

「緑内障改善エクササイズ」を実践して進行を止めた筆者ですが、眼圧は正常値の上限に近い「19〜20」、この数値はもう3年半も続いていました。

 

この期間、眼圧をもう少し下げたいなあと思ってはいたのですが、有効な方法が見つけることは出来ませんでした。

 

そんな中、歳のせいか最近ゴルフや畑仕事をすると疲れが残るようになり、疲労回復効果のあるサプリメントを使おうと思いました。

 

そして、どうせサプリメントを使うなら疲労回復はもちろん、血流を改善すれば「眼圧が下がる」ことは知っていたので、両方に効果のあるサプリを探すことにしました。

 

疲労回復で有名な食材は、にんにくとしじみ、調べてみると血流改善の効果もあります。

 

にんにくとしじみのサプリは何種類かあり迷いますが、探していくうちに「にんにく+しじみ+長命草+有精卵」のサプリがあり、長命草は便秘解消の効果や血流改善の効果もあることが解りました。

 

手づりにんにく玉「「にんにく+しじみ+長命草+有精卵」

 

これって、とても良さそうで日本での手作りも筆者のニーズに合うので、さっそく購入して試してみることにしました。

 

購入方法は、まず2ヶ月は試すつもりでいたので、初回1ヶ月分が約50%引きとなり、いつでも解約出来ることを確認した上で、定期購入方式を選びました。

 

定期購入価格は1ヶ月目:1,960円(税込、送料無料) 2ヶ月目から:3,498円(税込、送料無料)と手頃でもありました。

 

購入して袋を開けたのがこれで、茶色の小さな錠剤が入っていました。!

 

 

1袋が15日分で2袋で1ヶ月分となり、飲むのは1日4錠、小さい錠剤なので飲みやすく、嫌な匂いも無いので良かったですね。

 

飲み始めて2週間頃にゴルフのラウンドがありましたが、ラウンド中も疲れることなくプレイが出来ましたし、翌日も疲れは残らず、望み通りの疲労回復効果があり満足しました。

 

その後、1ヶ月過ぎた頃に緑内障の診察があり、眼圧を測ったら驚くことに眼圧は「17」となり、これまでの最も低い数値を示しました。

 

まったく予想外の良い数値が出たので、このまま継続して続けていくことにしています。

 

 公式サイトはこちら⇒にんにく玉でパワー全開!!

 

緑内障の進行を防止する2つの方法⇒「エクササイズ」 と 「手作りにんにく玉」

約5年間の緑内障歴を持つ筆者は、進行を止めるために2つの方法を実践し成功しました。

 

そのおかげで、緑内障の右眼は進行を止めることが出来て、正常な左眼を緑内障に成らせず、日常生活で支障もなく過ごしています。

 

これは初期の点眼液治療(約1年間)で視野がやや悪化したことでその限界を知り、思い切って「眼圧を下げる」新たな方法にチャレンジしたことがこの結果を導いたものと思っています。

 

医者を信じて全てを任せるか? 医者は信じるが全てではなく自分も良い結果が出るよう努力する?
このどちらをあなたは選びますか?

 

筆者は後者の方で今回、「緑内障改善エクササイズ」 と 「手作りにんにく玉」で良い結果が出て喜んでいます。

 

この方法が全ての方に有効かどうかは正直分かりませんが、もし以前の筆者と同じ症状で進行が止まらない方は、手術を避けるためにも思い切ってお試しあれと筆者は申し上げたい。

 

緑内障の進行を防止するため眼科で行われる一般的な治療法

緑内障の治療法はいくつかありますが、いずれも「高い眼圧を下げる」のを目的で行われます。

 

それは、「高い眼圧」が眼の神経を圧迫して視野狭窄を引き起こす原因ですから、正常範囲まで「眼圧を下げる」ことが進行を止める決め手になるからです。

 

治療方法は、初期段階の「点眼液治療」、これで進行を防止出来ず視野狭窄が進行した場合に、レーザーや切開手術で眼圧を下げることになります。

 

●点眼液治療法
当初は1液の点眼治療ですが、眼圧が正常値まで下がらない場合は、2液、3液と増やしていき最大5液ぐらいまで点眼することがあります。

 

診察は2〜3ヶ月ごとに行われ、眼圧の測定と6ヶ月ごとに行われる視野検査の結果により点眼液の数を増やしていく治療です。

 

運の良い方は点眼液治療で進行が止まることもあるようですが、多くの方は進行が止まらず視野欠損が拡大し、手術に追い込まれるようです。

 

●レーザー治療法
点眼液で眼圧が下げられず緑内障が進行している時に行われ手法で、SLT(選択的レーザー隅角形成術)というレーザー治療があります。

 

治療法は目薬で麻酔をしてレーザーで虹彩(茶目)に穴をあけ、房水の流れを良くすることで眼圧を下げます。

 

治療時間は数分で終了し、痛みはほとんどなく日帰りで出来る手術です。

 

これまでの実績では70〜80%の方に効果があったようで、効果は半年から1年程度持続、完全に進行を防止する治療法ではないようです。

 

治療費(片眼で日帰り):3〜4万円(保険適用3割)

 

●切開手術
主な手術法に「線維柱帯切除術」 と 「線維柱帯切開術」あり、どちらも房水の流れを良くして「眼圧を下げる」方法です。

 

線維柱帯切除術は結膜に穴をあけて流れを良くし、線維柱帯切開術は線維柱帯を切開し、房水の流れを改善します。

 

これらは術後の感染症対策も必要で、3年ほどで効果が落ちてきますので、緑内障治療がこれで終りになる人は少ないようです。

 

治療費は、線維柱帯切除術(片眼):6万円前後、線維柱帯切開術(片眼):6万円前後

 

つまり、手術をすればその時点で確実に眼圧は下がりますが、これも絶対ではなく再び眼圧が上昇し再手術になる場合もあります。

 

筆者は手術が大嫌いで、お金がかかる上に、確実に進行を止めるとは限らないので、何としても手術を避けるために眼圧を下げるエクササイズやサプリメントを探し成功しました。

 

 

緑内障の進行を防止するため注意しなければならない生活習慣

緑内障は高い眼圧によって眼の神経が圧迫され視野が狭まっていく病気です。

 

眼圧が高くなるのは血の流れが悪いことであり、その原因は血液濃度が高くドロドロ、高コレステロール、お酒・タバコ、ステロイド薬の多用、運動不足などいくつもの原因が考えられます。

 

緑内障は放置しておくと失明する恐ろしい病気ですが、眼科治療は当然として、食事や生活習慣の改善、血流を改善するサプリ、マッサージや運動など自己努力を続けていけば、必ず進行を防止することが出来ます。

 

食事はバランスの良いものに、お肉やご飯などの炭水化物はやや少なめにして、野菜や果物・海藻などを増やし、納豆・豆腐などの豆類も摂るようにすれば血流の改善が出来ます。

 

お酒やタバコもほどほどに、タバコに含まれるニコチンは血管を収縮する作用があり血流を悪くするので止めるのがベターです。

 

ステロイド薬は皮膚の病気や多くの病気に効果があり、近年多用されてきた薬ですが、副作用も多い薬であることも知られており、緑内障の原因の一つとも言われています。

 

ステロイドが緑内障の原因の一つであることを知らない人も多く、安易にステロイド入りの皮膚薬や目薬を使う人もいますので要注意です。

 

また、運動不足によっても血流は悪くなるので、散歩やジョギングなども血流の改善になりますのでオススメですが、それが出来ない人は体のマッサージで血流の改善が出来ます。

 

マッサージは眼の周辺、腕・指、脚などを軽くタッピングしたり指すったりすることで血の流れが良くなります。

 

目に良いとされるサプリには、ルテインやアントシアニンが有名で筆者も使ってみましたが、眼圧を明らかに下げるほどの効果は無かったので使用を止めました。

 

その後に見つけたのが「にんにく+しじみ+長命草+有精卵」を配合した「手づりにんにく玉」で、これで眼圧を「19→17」まで下げることが出来ました。

 

筆者はこれらにより視野狭窄が「初期から中期の間の状態」で進行を防止して、日常生活に支障もなく車の運転やゴルフを楽しんでいます。

 

一番いけないことは医者任せにして自分は何も努力しないこと、運が悪いと手術や失明に追い込まれますので一緒に頑張りましょう。

 

  緑内障改善エクササイズ⇒公式サイトはこちら

 

  手づくりにんにく玉⇒公式サイトはこちら